Skill Note

平凡なエンジニアがメモ代わりにプログラミング, インフラ, ネットワークを書き綴るブログ

[SQL Server]クロス集計の方法

      2020/01/09

PIVOTを使ってクロス集計する

SQL ServerでExcelのピボットテーブルのようなクロス集計をするには、PIVOT関係演算子を使って集計することができます。

PIVOT関係演算子とは?

関係演算子 PIVOT および UNPIVOT を使用すると、テーブル値式を別のテーブルに変更できます。PIVOT 関係演算子は、テーブル値式の中のある列から一意の値を取得して出力側の複数の列に変換することで式を行列変換し、最終的な出力のそれ以外の列値に必要な集計を行います。UNPIVOT 関係演算子の機能は PIVOT 関係演算子の逆で、テーブル値式の複数の列を列値に行列変換します。

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ms177410(v=sql.105).aspx

ようするに行列変換をした形で集計データを出力してくれるので、 プログラムで行列を入れ替える必要がなく、簡単にクロス集計表を作ることができるようになります。

SQL Server 2016の教科書 基礎から実践まで学べる 開発編/松本美穂/松本崇博【合計3000円以上で送料無料】

使い方

下記のような売上データがあるとします。

日付商品売上金額
10/01鉛筆100
10/01消しゴム50
10/01鉛筆100
10/02消しゴム50
10/02消しゴム50
10/03鉛筆100
10/03鉛筆100

 日別の商品売上金額を集計するには下記のクエリで集計できます。 

SELECT 日付, 商品, SUM(売上金額) AS 計
FROM 売上データ
GROUP BY 日付, 商品
ORDER BY 日付, 商品

日付商品
10/01鉛筆200
10/01消しゴム50
10/02消しゴム100
10/03鉛筆200

 日別売上を集計するだけなら単純なクエリで集計することができますが、上記の集計結果から、縦軸に商品、横軸に日付をもつ日別の売上推移を見せるには行列を入れ替えるなどデータを加工する必要があります。 

PIVOTを使ったクエリを発行することで、データを加工する必要がなく簡単にクロス集計をすることができます。 

SELECT T.商品
     , ISNULL(T.[10/01], 0) AS [10/01]
     , ISNULL(T.[10/02], 0) AS [10/02]
     , ISNULL(T.[10/03], 0) AS [10/03]
FROM 売上データ
PIVOT(SUM(売上金額) FOR 日付 IN ([10/01], [10/02], [10/03])) T

商品10/0110/0210/03
鉛筆2000200
消しゴム501000

Google AdSense PC

Google AdSense PC

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

oracle
[Oracle]ジョブをスケジューリングして定期実行する方法

DBMS_SCHEDULERパッケージを使用したジョブスケジューリング Oracleでジョブを定期実行するには、DBMS_SCHEDULERパッケージやDBMS …

oracle
[Oracle]データベーストリガーの作成方法

DMLトリガーを作成する データベーストリガーの中でももっとも一般的なDMLトリガーの作成方法と簡単な使用方法を記載していきます。 トリガーとは? トリガーとは …

oracle
Oracle 11g XEへのデータ移行方法を検討してみる

Oracleのデータ移行時は移行元と移行先の文字コードに注意する必要があります。 Windows環境のOracleでは「JA16SJIS」や「JA16SJIST …

oracle
[Oracle]データベースを再構築してOracle Expressのキャラクタセットを変更する

前回の記事でCSALTERを使用したキャラクタセットの変更方法を記載しましたが、サブセットのキャラクタセットからスーパセットへの変更のみ可能でした。 この記事で …

oracle
Oracleで文字列を全角大文字に変換する(ひらがな・カタカナの小文字(捨て仮名)対応)

Oracleの文字列検索で全角半角、大文字小文字、ひらがなカタカナを区別しないであいまい検索する場合は比較対象の文字列形式を統一する必要があります。 文字列形式 …

oracle
Oracle12cでユーザを作成する方法

SQLコマンドを使用したユーザ作成 Oracle12cからマルチテナント・アーキテクチャが採用されており、以前までの手順ではユーザが作成できません。 ここではP …

oracle
[Oracle]Data Pumpを使用したデータベースのバックアップ

Data Pump機能のexpdp/impdpコマンドを使用するとデータベース全体、スキーマ単位、表単位など対象範囲を指定したバックアップやリストアを行うことが …

db
[Database]データベースのバージョン/エディションを確認する方法

OracleとSQLServerのバージョン/エディションを確認 Oracle  SELECT * FROM V$VERSION SQLServer SELEC …

sqlserer
[SQL Server]再帰SQLで集計する

WITH(共通テーブル式)を使って集計する WITH句とは 共通テーブル式 (CTE) は、単一の SELECT、INSERT、UPDATE、DELETE、CR …

oracle
[Oracle]インストールに失敗する原因と対処方法

Oracleインストールエラー時の確認事項 OracleのデータベースやクライアントをWindowsへインストール中に インストーラが途中で落ちたり、エラーが発 …