Skill Note

平凡なエンジニアがメモ代わりにプログラミング, インフラ, ネットワークを書き綴るブログ

[Oracle]Data Pumpを使用したデータベースのバックアップ

      2020/01/09

Data Pump機能のexpdp/impdpコマンドを使用するとデータベース全体、スキーマ単位、表単位など対象範囲を指定したバックアップやリストアを行うことができます。

この記事ではバックアップの作成からバックアップファイルの世代管理方法を記載します。

事前準備

Data Pumpを実行する前に作業領域の作成と書込/読込権限を付与します。

Cドライブの配下に「BACKUP」フォルダを作成後、systemユーザでログインして作業領域の作成とユーザに書込/読込権限を付与します。

エクスポート

コマンドプロンプトを起動してexpdpコマンドを実行しデータベースをエクスポートします。

定期バックアップ

一時的なバックアップの場合はコマンドを実行するだけで簡単に作成することができました。

定期的バックアップをする場合にも上記のコマンドを使用したバッチファイルを実行する事で簡単に世代管理することも可能になります。

下記のバッチファイルはファイル名に日時を追加して、作成から一定期間経過した場合に削除します。

Google AdSense PC

Google AdSense PC

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

oracle
Oracle 11g XEへのデータ移行方法を検討してみる

Oracleのデータ移行時は移行元と移行先の文字コードに注意する必要があります。 Windows環境のOracleでは「JA16SJIS」や「JA16SJIST …

oracle
[Oracle]WEBサイトやWEB APIをOracleから呼び出す方法

WEBリクエストを送信してレスポンスを表示する OracleからWEBサイトやWEB APIなどのネットワークサービスを呼び出すには、UTL_HTTPパッケージ …

oracle
[Oracle]端数処理、丸めの方法

ORACLEで数値の端数処理、数値丸めをする 数値を四捨五入する場合は、ROUND関数 数値を切り捨てる場合は、TRUNC関数 各関数の第2引数の値で、小数部、 …

sqlserer
[SQL Server]データを期間別に集計する

SQL Serverで集計表を出力 日付をDATETIME型で管理している場合、CONVERT関数、DATEPART関数を使って、日、週、月、年別の集計結果を出 …

sqlserer
[SQL Server]クロス集計の方法

PIVOTを使ってクロス集計する SQL ServerでExcelのピボットテーブルのようなクロス集計をするには、PIVOT関係演算子を使って集計することができ …

sqlserer
[SQL Server]除算時の注意点

SQLServerで除算結果が小数になる場合 たとえば、1100グラムをキロに換算する場合は「1100 / 1000」で計算すれば「1.1kg」と求められるが …

oracle
[Oracle]トリガーの実行順序を設定する方法

FOLLOWS句を使用して実行順序を設定する 1つの表に対して同レベル(タイミング)のトリガーを複数作成することはできますが、実行順序は保証されていません。 実 …

db
[Database]データベースのバージョン/エディションを確認する方法

OracleとSQLServerのバージョン/エディションを確認 Oracle

SQLServ …

sqlserer
[SQL Server]再帰SQLで集計する

WITH(共通テーブル式)を使って集計する WITH句とは 共通テーブル式 (CTE) は、単一の SELECT、INSERT、UPDATE、DELETE、CR …

oracle
[Oracle]ジョブをスケジューリングして定期実行する方法

DBMS_SCHEDULERパッケージを使用したジョブスケジューリング Oracleでジョブを定期実行するには、DBMS_SCHEDULERパッケージやDBMS …